スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋ですね♪

どーもこんにちは。
最近 腹痛気味のヤマネです。
我が家では最近パイナップルが流行中なわけで、やたらと食べているのです。
しかも缶詰や切り売りを通り越して、
一個買いです。ここは沖縄か?

丸々を家で食べるなんて おもひでぽろぽろのワンシーンでしか見た事ないよ・・・
と思っていたわけですが。

意外にもうますぎでした。
切るのは面倒ですが、面倒なことして食べることこそうまさを感じるのでしょうか。
毎日パイナッポーで幸せですが、胃が痛いですね。

そんなこんなでパイナップルと同時に我が家での流行が
作家『有川浩』。

一年半くらい前にたまたま買った人気作家の短編小説集で旦那の熱いエールに応えて
嫌々読んだんですが、
おもしろいです。

二人とも鼻水をたらし号泣し、小説のどこでどう感じたかを話し合うのですが
感性は人それぞれだと思い知らされます。

少し上の世代の人だと有川浩は有名らしく
『図書館戦争』が代表作で結構好きな方が多いみたいです。
私は空想能力が乏しいのでファンタジーは眠くなりますが。
↓クジラの彼がおもしろいです。
56d012dbe3a89cb0.jpg


今はやはり『フリーター、家を買う』ですね。
やっぱり嵐 効果はすごいと思います。
有川浩を全く知らない人が嵐のおかげで有名になれるんですから。
紅白の司会もやっちゃってもいいですね。
ちなみに有川浩の日記にちょっとだけ二宮クンネタが出てましたのでどうぞ。
有川浩の日記

読書とパインにはまる 我が家でした。

ちなみに携帯小説 モバゲーのE★スタにも連載しています。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。