スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■花嫁日記■その19 ついにこの日が・・・

さてさて いつから書いてたか忘れてしまうくらい前から書いていた
花嫁日記も終盤です。

年内に終わらせてしまう予定だったんですが、
予定は未定・・・
私にとっては達成できなかった事が
2008年の唯一の汚点!!(ウソ)
2009年もがんばります!

では前編どうぞ
*************************************

挙式当日6時半起床・・・
だいぶ眠いのですが、やらなくてはいけないことがまだあるッ!!
それは・・・

両親への手紙

お客様の統計を取ると大体 前日の夜にゆっくりとした気持ちで書くそうなんですが・・・
いやいや、私だって3日前からネットで調べながら文章を練っていたわけですよ。
前日の夜、旦那に読み聞かせたところ・・・
だ『もっと自分の言葉で、自分らしく書いた方がいいと思うよ』

とダメ出しをされ泣く泣く書き直し。

自分らしさって何だろう?????????
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わからん。

取りあえずいろんなことを箇条書きにしてみたり
自分の思いを整理してみたり・・・

この時点で夜中の1時。
ある程度まとまった時点で
就寝。

朝6時半からせっせと清書をし封筒に詰める。
こんなんでいいのかなーとか思いながら、

この手紙を『プランB』と名づけたのでした。
プランAはよく聞く感じの感動編
プランBは私なりの言葉ちょっとふざけてる編

この時点では「こんなもんかな〜」とプランBのふざけた編を読む気満々。


この後少し早めに家を出てホテルに向かいます。
その日の夜ホテルに宿泊するので荷物とともに車で行き
早めに着いたので我が家の両親の部屋でくつろぎ、
軽く家族会議を済ませ

『何時に衣装室にいくんだっけ?』
『しらなーい』
『衣装室じゃなくて美容室じゃない??』
『いや衣装室だよッ?』
『え〜』
(ここはすべて方言でやり取りされています)

と この期に及んでまだそんなことを言い放つO型家族に
旦那はシビレを切らし、
『じゃあそろそろ行ってみましょう』

とさっさと行動をするのでした。

*****************************
↓写真みてね
この後美容室に向かうのですが美容師のお姉さんが
『肝心の花嫁がまだ来ない!!』
と探しに来ました・・・ははっ。
ぶらぶらしてました・・・

美容師さんはとっても人当たりの良い方で楽しくメイクからセット、
着付けまで手早く済ませてくれました。
0006_convert_20090120235718.jpg

こういう美容のことを婚礼美容というそうです。
『うちに就職しなーい?』
と呼び込まれたり、
『この間言ってた彼氏と続いてる??』
『別れた〜』
『やっぱねー』

終始こんな感じで
とてもこれから結婚式にいく花嫁と思えない・・・
と言われながらその時を迎えるのでした。

相性とはつくづく大事だなーと思うのでした。
ドレス (2)


こういう写真も希望すれば撮ってくれます。

化粧は誰よりも濃く!!
「花嫁なんだから近くで見てきれいなのは当たり前。」
「遠くで見ても写真に写ってもきれいっぽく見えれば文句言いませんので
お姉さんのセンスでがんばってください!!」
と注文。

「それが一番難しーい」
と言われました。

でしょうね。



Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。