スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄日記 パート②

再び登場の二本木ですこんにちは
前回に続き沖縄日記書かせて頂きます
1/1元旦、寒すぎたので屋内で過ごしたい・・・ということで、
美ら海水族館へ行って来ました沖縄マニアなので・・・
もう何度足を運んだのかわからない位の来場回数ですが・・・笑
20110114_123214_0.jpg


元旦ということもあるのか、館内はかなり混みあっていました
特に一番有名なジンベイザメの大水槽は、人が沢山いました・・

20110114_123249_0.jpg


人ごみが苦手な私はそそくさと・・(ならば、なぜ元旦に行ってしまったのか・・)
人が少なそうなマナティー館へと・・・愛くるしい・・・

DSCF0304.jpg


そこで、マナティーふれあい抽選と書かれた申し込み用紙が!!
興奮していた私をよそに、冷静なお連れの方が名前を書いてくださり・・
申し込み手続き完了限定20名参加可能でした
一人一人名前を呼ばれるのですが・・最後の一人で名前を呼び上げられた私
「自分は何かもっているな・・」と確信しました。(ゆうちゃんか!)笑

そんなこんなでマナティーに、餌やり体験をしました
ここでひとつ・・・
マナティーはジュゴンとは種類が違います。
基本的には湖や川に生息しているので、川にはえている草などを食べています
なので、餌やりでは野菜をあげました
白菜、かぼちゃ、ニンジン、それ以外にもりんごなどを食べているようです

DSCF0310.jpg


あー可愛い。癒されます
この子は芸もできて、握手ができるんです
すごーく可愛らしくて、人なつこい性格の子でした


その他にもイルカのショーや海がめ館など、イベントもあるので
沖縄に行かれたらぜひ行ってみて下さいね



話は戻りますが・・・ふれあい意外にも
マナティーとジュゴンの違いや、種類のお話も聞くことが出来ます
私自身、一番印象に残っているのは、飼育員の方が言っていた
海でゴミをそのままにしてしまうことで、いけないものとわからずに食べてしまい
命をおとしてしまう動物や、水族館に運ばれてくる動物がいるということ。
私たちの勝手な行為ひとつで苦しめてしまう現実です。
些細なことですが、できることをまずはじめようと思います。
自分達が持ってきたものでなくても見つけたら、ゴミは持ち帰る。
同じ所で共存しているのだから。
また海で生息しているジュゴンも絶滅の危機にさらされています。
沖縄の海にはジュゴンが生息している地域もあるのです。
どうか人間の勝手で生命の危機にさらされないよう、心から願うばかりです

みなさんもぜひ振り返ってきをつけていただけたらな・・・と思います
少し暗くなってしまったので・・とびきりの可愛いマナティーをもう一枚!

DSCF0302.jpg


さらに次回へ続く・・・・③
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。